Dumboブログ

by ダンボ

 

サイト運営者の「ダンボ」と申します。

 

昭和62年生まれ京都在住、モノづくりの会社で働くサラリーマンです。

 

自身の特徴は

 

●研究熱心

●凝り性

●倹約家

 

といったところです。

 

 

学生時代は特に取り柄もなく平凡な日々を過ごしていました。

 

小学校~中学校では野球をやっていましたが、正直センスは全くありませんでした。

 

センスがない分、練習はよくやっていた部類でしたし、色々工夫しながらやっていた記憶があります。

 

 

高校時代にアルバイトを始めて3年間で約200万円の貯金を達成しました。

 

学費や教習所費用など、何かと資金が必要な時代でしたが無駄な出費は少なく浪費癖は無し。周囲に比べると倹約家気質であると感じていました。

 

 

その後社会人となり、モノづくりの会社で働くことになりました。

 

学生時代に工夫をしながら練習したようにモノづくりにおいても自分自身で工夫しながら成果を出していき、やりがいを感じながら働いていました。

 

給料自体は少なかったものの、生活自体に色気を出さずにコツコツと貯金を続けていました。

 

 

その後、現在の会社に転職し、モノづくり業界ではあったものの違った業界の為、一から覚えることはたくさんありました。

 

教わったことに対して「何故そうするのか」または「違った方法はないのか」など自分自身で考えながら思考錯誤しながらやっていました。また、新しい事業やモノづくりにも携わる機会もあり、そこでも自分なりに色々研究しながらやっていました。

 

また、大人になってから始めた趣味であるスノーボードも毎週末滑りに行ったり、それだけでは飽き足らずに雪のない季節にもスノーボードのオフトレ施設に通うなど、自分自身に「研究熱心」で「凝り性」だという自覚が出てきました。

 

投資を始めた「きっかけ」としましては、務めている会社が企業型確定拠出年金制度を始めたことです。

 

当時は何も知らずに始めたものの「外国株式」と「外国債券」に50:50の割合で積みたてし続けて、8年間で元本は約1.4倍となりました。

 

企業型確定拠出年金を始めたこと以前から気になっていた投資を自分自身でも始めようと思い、「銀行商品」にて投資を始めました。

 

が、これが大失敗…

 

無知だった私は銀行商品の手数料が異常に高いことに気付かず、相場が好調だった期間でしたが雀の涙程度の利益しか出せませんでした。マイナス収支にならなくてよかったと思うこの頃です。

 

この経験をしたことによって私は投資の勉強と投資を始めました。

 

元々「凝り性」「研究熱心」「倹約家」ということもあり、資産形成をするのに有利な性格をしているなと自分でも思っています。

 

投資について勉強したことで、

 

「投資をしたほうが良い」 ではなく

 

「投資をしないと貧困差がどんどん激しくなる」  という事実を知りました。

 

私自身、投資について学ばなければ"一生貯金だけ"で生活を送っていたことでしょう…

 

ゾッとします…

 

日本では学校教育で金融知識について学ぶ機会がありません。

 

つまり、ほとんどの方にとって投資は「知らない」

 

そして「知らない」から「怖い」

 

「怖い」から「やりたくない」

 

という負のスパイラルに陥ります。

 

私自身もそんな考え方でしたが、知ることで恐怖は薄れていきました。

 

私と似たような考え方をしている方は多いと思います。

 

みなさんがより良い豊かな生活を送れるように、そしてお金の不安が少しでもなくなるように、このブログを通して私自身が得た知識や経験を伝えていけたらなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 


Dumboブログ



戻る

copyright 稼ぐブログランキング all rights reserved.